第5回サクラアワード 2018 審査会 審査員応募ページ

今年度より、第5回サクラアワード2018審査員がWeb応募となりました!

第5回目となります “SAKURA”Japan Women’s Wine Awards 2018 の審査員の選考が始まりました。
今年度の応募方法はWeb受付のみとなっております。下記詳細をお読みいただき、ご応募をお願い致します。

応募はこちらから

 

審査員選考スケジュール

応募締切 2017年10月31日(火)
選考結果連絡 2017年11月15日(水) *E-Mailをお送りします。

応募資格

下記①②の要件を満たしていること
①日本人女性、又は日本国内で働く外国人女性
②ソムリエ、ワイン醸造家、ワイン講師、ワインジャーナリスト、ワインインポーター・流通・ワインショップの担当者など、ワインの専門家

選考方法

資格・経験等を考慮し、審査責任者 田辺由美が選考いたします。

登録内容の修正

一度、登録した内容を変更する場合は、再度、「審査員申し込みフォーム」から登録をお願いします。メモ欄には「再登録」の旨、明記ください。

※修正の場合は最初からの登録となりますのでお気をつけください

個人情報の取り扱いについて

応募いただいた個人情報は、第三者が不当に触れる事がないよう、厳重に管理いたします。

 

第5回サクラアワード2018 審査員詳細

日時

2018年1月29日(月)~1月31日(水) 3日間(1日のみでも応募可)
9:30 受付 10:00~18:00予定

会場

ウェスティンホテル東京
〒153-8580 東京都目黒区三田1-4-1(恵比寿ガーデンプレイス内)

※今回より会場が変更となりましたので、ご注意ください

謝礼

審査員として参加をしていただくにあたり、謝礼はありませんのでご了承ください。

交通費・宿泊代

A (東京都、千葉県、神奈川県、埼玉県から参加)
 交通費:自己負担
 宿泊費:自己負担

B (A以外の県から参加)
 交通費:上限3万円まで支給 但し、都内での移動分は自己負担
 宿泊費:前日泊のみ可、上限1万円まで支給(事前連絡要)

主旨

  • 日本のワイン消費拡大(1人あたりの年間消費量 5リットル越えを目標)
  • 日本人の食文化に合ったワインの提案(アジア料理との相性)
  • ワイン業界に従事する女性の活躍の場を広げる

概要

  • 日本を含む世界各国からエントリーされたワインを評価します。
  • 審査員は全員女性で、ソムリエ、ワイン醸造家、ワイン講師、ワインジャーナリスト、ワインインポーター・流通・ワインショップの担当者、海外からのゲスト審査員、及び著名人のゲスト審査員によって行われます。
  • 5名を1グループとし、1グループは1日で約50~60種類のワインを審査します。
  • 審査は全てブラインドで行います。(ぶどう品種、ヴィンテージ、小売価格帯のみ開示)

結果発表

  • 第5回サクラアワード2018の全体スケジュールはこちら
  • 審査結果は2月14日(水) にサクラアワードホームページにて発表
  • ダイヤモンドトロフィー/特別賞の発表と授賞式は、FOODEX JAPAN 2018の初日(3月6日)予定

主催

一般社団法人 ワインアンドスピリッツ文化協会
“SAKURA” Japan Women’s Wine Awards事務局
審査責任者 兼 事務局長  田辺 由美
事務局連絡先:〒107-0052 東京都港区赤坂4-13-5 赤坂オフィスハイツ
お問合せ先はこちら

皆様のご応募をお待ちしております。

応募はこちらから

Link

  • FOODEXJAPAN2017

    FOODEX JAPAN 2018

  • 田辺由美のワインスクール

    田辺由美の WINE SCHOOL

PAGE TOP